人気ブログランキング |

走り高跳び

走り高跳び_e0046155_1545837.jpg
走り高跳び_e0046155_1553019.jpg孫娘
昨年8月に新潟のビックスワンスタジアムで行われた、全日本中学校陸上競技大会で孫娘が
走り高跳びで優勝しました。
前日の予選において,161cmを3回目で辛うじて跳べて、応援する私達をハラハラドキドキさせた
彼女がまさかの優勝!家族総出で、新潟くんだりまで、応援に駆けつけたその甲斐あって、170cm
を単独で挑みクリアした時は、夢のような出来事に、コーチの先生までが、神がかりのようだったと言われたほどでした。
素晴らしいコーチに恵まれた彼女は、優勝インタビューでも、コーチの先生のことばかり、話しておりました。
後日、NHKのテレビで競技の様子が放映され、録画して、第1番目の我が家の宝物となりました。
# by nchiduko1 | 2009-04-02 15:31

春_e0046155_13454513.jpg

孫達
今春上の子が大学、下は高校へと進学。
どちらも、私学でスポーツ推薦で入学が決まり、暑い夏も、寒い時も部活動に励んだ成果が認められたのでしょう。
しかし、この時勢に2人を私学に通わせ又、スポーツをさせるということは親にとってどんなに大変かと思いやるこの頃です。
両親ともスポーツマンで、子供の部活動を応援する事が生きがいのごとく、又じじ、ばばも同じく。
今年も、早々と大学の部活動に参加して、遠征チームのメンバーに選ばれた息子を喜ぶ母親も、裏を返せば費用の事が頭をよぎるそんな春です。
# by nchiduko1 | 2009-04-02 14:05

旅行

旅行_e0046155_16293291.jpg
地籍調査ー2
調査当日、5~6件の土地に対して1人の役所の人と、補助する人(杭を打ち込んだり、測ったり)2人が担当、いよいよ現地に行くのですが、
着いてビックリ、10年ほど前に見に来たときとは様変わり、草と私の背丈よりは低い雑木があって、その場所に立つことが出来ましたのに、その木は背丈より3倍くらいになり雑草と雑木だらけで、小型のブルトーザーが入って、木を倒し臨界部分を現しています。
調査の結果は、いつの事やら、小豆島中をやって書類を作り、各地主に通知が来るそうですが、本当に来るのかしら?
# by nchiduko1 | 2008-07-02 16:56 | 私の趣味

旅行

旅行_e0046155_15501065.jpg
地籍調査-1
戦争中の昭和19年頃に家族で小豆島に有る母の実家の座納屋に疎開しました。
座納屋というのは床下にジャガイモやさつま芋などを保存するためのいわば床下収納庫がありその上に畳を敷いて生活するのです。母の実家と言っても、兄嫁やその子供たちも沢山おり、何時も、小さな諍いが耐えませんでした。そのため父母は、畑で家族の食べる野菜など最小限の物でしたが、作っておりました。そのころの畑が父の物でしたが、父の死亡に伴い母名義となり、母も無くなった今、20年近く名義がそのままになっていました。
先日、小豆島の役場から、尋ね尋ねて私に電話があり、「この度、小豆島全域に亘り、地籍調査をするため、母名義の土地の立会いをして欲しい」との事で、1泊とまりで、妹と二人、宿を予約し、三宮ー高松行きの高速バス、高松-土庄港行きフェリーと乗り継ぎ行ってきました。
6月30日7月1日は、丁度梅雨の晴れ間で、ラッキーでした。
# by nchiduko1 | 2008-07-02 16:25 | 私の趣味

スポーツ

スポーツ_e0046155_2236082.jpg
スポーツ_e0046155_2236206.jpg

今年中3になった孫娘、昨年の今頃から本格的に跳び始め、ジュニアオリンピック、
全国大会に出場するも、足の故障が響き、思うような結果が出ませんでした。
低迷していた、記録が今日はいっきに向上。163センチをクリアーして、優勝!!
県、郡、市陸上競技大会、三木市の防災公園にて開催、出場の成果でした。
これからが、本番。今年は受験生、親も複雑な心境。
両親ともスポーツマン、真っ黒に日焼けしながら、長男の野球、長女の陸上と、
休みの日は、子供の追っかけをしております。
そして、じじ、ばばもカメラを持って・・・。
# by nchiduko1 | 2008-05-03 22:50 | 私の趣味

声_e0046155_22254156.jpg

庭のハナミズキ本当に大きくなりました。
今年は花?ガクというか、ピンクでよく咲きました。



新緑の候ですが、最近は春に真夏日がよくあります。
窓を開け放つと、外は暑くても家の中は快適です。
そして、聞こえてくるのは、隣から、裏から子供や赤ちゃんの
可愛い声です。
聞こえてくると、外に出て、その声の主と、話したくなります。
つい最近まで、私の姿を見ると、慌ててお母さんのところえへ
飛んでいってた、隣の○○○ちゃんが、向うから「ooはん、こんにちは」
(「さん」がまだ言えなくて、「はん」になる)とあいさつをしてくれる。
この夏に3歳になるこの子は、まん丸な顔して、マシュマロみたい。
どうして、子供の声はこんなにかいいのかと、聞くだけで癒される。
泣いていても、怒っていても、笑っていても、叫んでいても、
可愛くて、思わず微笑んでしまう。
幸せな事に、裏の家の子は、小学低学年の女の子2人、その隣には
双子ちゃんの3歳の女の子、どの声を聞いても、可愛いのです。
休日になると、あちこちで子供の声がします。
新興住宅地の、特徴で若い家族が多いのです。
# by nchiduko1 | 2008-05-03 22:31 | 私の趣味

新年



2008年明けましておめでとうございます。
      今年もどうぞよろしく
           お願いします


昨年は随分と忙しい日々を送りましたが、楽しい1年でした。
ダンスのフォーメーションには、4回も出させていただきました。
だから、レッスンで忙しい日々でした。
まだまだこれからです、一つ一つ課題を乗り越え、今年も又、頑張ります。
パソコンも、Vista購入で、ソフトの違いに頭を悩ませながら、之もまた、頑張るしかない。
新年_e0046155_2371418.jpg

新年_e0046155_233735100.jpg

新年_e0046155_23385474.jpg

# by nchiduko1 | 2007-12-31 23:24 | 私の趣味

ユニーク

ユニーク_e0046155_16371183.jpg

今年も、間もなくもみじの季節、三木市の伽耶院のもみじ今年も見事に色づくことでしょう。

先日、孫の運動会のビデオを見た。
リレーのアンカーでトップを走ってきて、ゴールの手前で、消えている。
「ああ、折角のところが映ってない。」映した母親曰く「自分の子供ばかり撮って、と言われるから辞めた。」
孫娘曰く「ゴールの手前で、後ろ見たら、余裕があったので、なんかしたろと、思って、テープを切らずに、飛び越えたのに、何で映ってないの。」
「皆が、喜んで、歓声が上がったんやで。」
この子はちょっと目立ちたがり。
それは良かったんだけど。
次のクラス対抗のリレーで、全速力で走りながら、クラスの声援に、バトンを振りながら応えた
途端、足がもつれて、お、とっと、と前のめりになりながらバトンタッチの手前で、バタンと倒れ込み、次の走者は、スタートしているのに、手が届かない、戻ってきて、倒れている孫娘から、バトンを取り、走る。
もう皆で大笑い。
こんなんで、クラスの人気者。
目立ったり、どじったり、ちょっとユニークな子です。
そんな話を聞いていた父親曰く「僕も中学生の時、同じことして、倒れている僕の両側を
2位、3位の子が走り抜けて行き、結局3位になったわ。」
この親にしてこの子あり。
# by nchiduko1 | 2007-10-22 17:12 | 私の趣味

成長

成長_e0046155_14382514.jpg
成長_e0046155_14385194.jpg
成長_e0046155_14393271.jpg
160cm.クリアー
7月28日加古川運動公園競技場で、兵庫県陸上競技大会に走り高跳びで出場した中2の孫娘、160cm.をクリアー
、近畿大会、全国大会、とジュニアオリンピック、3大会の出場権を頂く事が出来ました。
7月8日に同競技場で、全国大会の出場条件157cm.クリアーが達成できず、152cm.止まりでした。
その日は、本人や、両親、私共もがっかりして、やっぱり全国大会はハードルが高いね。
と諦めていました。しかし、本人はとても悔しがり、絶対行くから、と云っていました。
その20日後に、160cm.が飛べて、本人はもとより、先生、友達、両親みんな大喜び、
と言うのも、157cm.が3回目で、やっとクリアー、ここで、全国大会の出場権獲得、
飛び上がっての喜び、気を良くした本人、つぎの160cm.は1回でクリアー、
優勝まで手に入れてしまった。
それと言うのも、本当に素晴らしい先生に恵まれたからです。
その先生は、以前の日本記録保持者だそうで、他の学校からも先生に指導を受けるために、
来るそうで、孫娘も他校の選手とも仲良しで、
飛ぶときに皆に随分声援をもらっていました。
皆友達、皆ライバル、その雰囲気は、とても良いものでした。
それにしてもその成長振りには目を瞠りました。
# by nchiduko1 | 2007-07-30 14:42 | 私の趣味

キュート

キュート_e0046155_9405147.jpg

昨日、お隣の奥さんと話しをしている時、物音がして、〇〇〇ちゃんが、玄関の3段ほどある階段から下に落ちたのか、降りていて踏み外したのか、うつ伏せで、急に泣き出した。
ビックリして、お母さんが抱き寄せると、精一杯の声を出して、髪の毛が汗でびしょぬれになるほど、それこそ全身の力を振り絞って泣いている。「ごめんごめん、〇〇〇ちゃんの方を見てなくてごめんね。痛かったね。」と、暫く泣き止むまでその胸に、抱きしめている、その姿を見ると、本当に小さな身体、ちっちゃな手がお母さんの腕にくい込むほど強く掴んでいる。
暫くして、泣き止むと、ぐったりしている、あまり力を入れて泣いたのか、脱力感で、ボーっとしているようでした。いつも、ちょっとでいいから抱っこしたいなあと、思うくらい可愛いのですが、用心深い〇〇〇ちゃん、それは不可能に近い。
私の孫娘も、2歳くらいの時、スーパーの休憩所の椅子から転げ落ち、泣き入って、声がしなくなったと思ったら、気を失っていて、ビックリして、病院に連れて行ったことがあった。泣いて泣いて、吐く息ばかりになり、酸素不足で、意識を失っていたんですが、頭を打ったせいと、心配したのです。小さな子って、なんでも満身をこめてなんですね。
# by nchiduko1 | 2007-07-28 10:09 | ガーデニングに寄せて